意外と知らない?出産祝いと暑中見舞いのマナー

皆さん、ある一定の年齢になると、知人や親戚などに出産祝いを贈る機会も増えてくることと思います。そんな時どうしていますか?私も以前までは、これでいいのかな?と悩むことが多く、わからないままお祝いをしていました。そんな人のために最低限の知識とマナーと相場を私がわかる範囲で簡単に記載したいと思います。では、出産祝いを渡すタイミングですが、渡す相手の人が退院してからにしましょう。相手の方の身だしなみもありますし、ゆっくり話す時間も取れます。お祝いの表書きについては、御祝、御出産御祝と書いてあるもので、紅白の蝶結びのものを使うようにしましょう。
出産祝金の相場ですが、5000円から10000円ぐらいです。兄弟だと10000円、それ以外だと5000円で私はしています。お祝い事ですので、お札は新札を用意しておいたほうがいいと思います。また現金ではなく、子供服や、ベビー用品をお祝いにすることもあります。出産祝いを贈る時期は、できれば生後一ヶ月までに、出産祝いを贈るのがいいと思います。

贈り物について詳しくりしたい方へお勧めホームページ♪

SNS このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017意外と知らない?出産祝いと暑中見舞いのマナー.All rights reserved.